外壁塗装 安い

外壁塗装は安ければいいわけではない!

外壁塗装 安い

家の外壁塗装において、誰もがまず思うのは少しでも費用を安き抑えたいということでしょう。

外壁塗装は、1万、2万で済むものではありません。
一般的に50万以上かかる大掛かりな施工になりますが、悪徳業者は訪問販売で200万など法外な見積もりを出してくるわけですから、その相場自体も明確に見えているものではありません。


外壁塗装の費用の仕組み

一概に外壁塗装の費用が安ければいいというものでもありません。

外壁塗装の費用簡単に作業工程を説明すると直接外壁が外気に触れないように1回目の塗装”下塗り”を行い、次に中塗り、仕上げに上塗りと3工程の塗装が行われます。
しっかり乾いてから、次の工程に進むため、1日や2日で終わるものではありません。

手抜き業者は、その工程をおろそかにし、また塗料を安いものを使用することで杜撰(ずさん)な施工を行います。
よって、2,3年で外壁のヒビや割れが生じるなどトラブルや問題が起きているのが現状です。

そこで、業者探しのポイントを紹介します。
まずは、外壁塗装の費用に関しては、相場を調べましょう。


>外壁塗装 相場を知る


外壁塗装の窓口というサイトはご存知ですか?
優良塗装店に一括見積りで最安値を調べることが可能です。
厳正な加盟基準をパスした業者、また、接客・施工において評判・苦情の多い業者を随時排除と安心業者が加盟しています。

外壁塗装の窓口 日本全国500社の外壁塗装業者からあなたにあった適正価格の見積もり相場を確認しましょう。

>> http://gaiheki.yeay.jp/ <<
外壁塗装の窓口公式サイトへ




外壁塗装会社選びの大事なポイント

外壁塗装会社選びの大事なポイントは、担当者の誠実さを観察することです。効率的で優れた外壁塗装の手法を取り入れる会社は、今日では当たり前のように乱立しています。このポイントを精査していると、いくら時間があっても足りません。外壁塗装の仕上がりに付随するサー外壁塗装会社選びビスを見極めることは、会社に対する高い満足度に繋がるというわけです。話を聞いてくださる担当者が、自身の要望をできるだけ取り入れてくれる姿勢を見せているのかを確認します。職人技の全てに頼るよりも、自身が望む仕上がりに近付けるために意見を取り入れてもらう方が、満足度が向上するからです。もしも外壁塗装会社が、自分たちが決めたサービスだけを提供しようとしているときのことを考えます。それだけでは満足することは難しい旨を伝えながら、自身の要望を組み込む努力をすることが有効です。それが叶わなければ、外壁塗装を依頼する業者の見直しを検討することも方法の一つです。


外壁塗装をするために必要な工事の日数について
外壁塗装は下準備に2~3日必要となります。
まず初日は足場を組むことからはじまり、これは職人の方だけではなく、通行される方の安全も確保する重要な作業となります。
続いて2日目は古いよごれを取る洗浄作業になり、同時に劣化具合や痛みをチェックする作業となり、3日目は窓などに塗料が付かないように養生をおこなったり、ひび割れなどの修復など下地の調整を行います。
外壁塗装 日数外壁塗装において、こうした下準備を徹底することが、剥離や破損などのトラブルを回避に繋がるため、時間を要します。
4日目から、外壁塗装の工事に入りますが、基本的には3度塗りを行うため、塗装が完了するまでは3日ほど必要となります。
こうしたことから、外壁塗装自体に必要な工事日数は7日程度となりますが、足場を組むため、屋根の修繕をまとめて行う方が多くいらっしゃいます。
屋根の修繕を含めるとさらに3日ほど必要となるため、10日ほどの工事日数を見ておく必要があります。
足場を組む際に騒音がでたり、塗料の臭いが目立つなど、ご近所の方とトラブルになる可能性もあるため、工事日程を事前に説明しておくと良いでしょう。

>> 外壁塗装の窓口公式サイトへ <<
外壁塗装の窓口公式サイトへ


おすすめオーディオ/カウンセラー/MY2-Link/胡蝶蘭/相互リンクmaarive


DIYで自分の家の壁の塗り替えをする時に必要なもの
外壁を塗り替える時に必要なのは塗料ですが、下塗り用のシ―ラーと、上塗り用(仕上げ塗装)があります。
その他作業をする道具として、養生シート、ローラーハンドル、パケット、刷毛、塗料を入れるための容器、コーキング剤などがあります。
さらに高圧洗浄機があると、汚れを落とすのに楽です。
家の壁を塗り替える手順は、次の通りです。

最初の準備は、高い外壁や2階以上の建物には足場を組みます。
次に、周辺に塗料がはみ出さないよう、養生が必要です。
養生シートや養生テープなどで、近隣に塗料がついて、迷惑をかけないようにします。
次に外壁の汚れをブラシや、高圧洗浄機などで落とします。
外壁にひび割れがある場合は、コーキング剤で補修します。
準備が整ったら、下塗りをします。
下塗りは塗料の密着性を高めるために、シ―ラーという接着塗料を塗ります。
シ―ラーが十分に乾いたら、いよいよ本塗りですが、外壁塗装は1度の塗りでは不十分です。
2回から3回の塗装を心がけてください。
最後に養生と足場を撤去し、使った道具をきれいにして終了です。

DIYで家の壁の塗り替えに、挑戦してみましょう。